フォークリフトの尻くらべ!

とある朝、車両置き場に懐かしいリフトが置いてありました。


1987年製造の、X300(5F)シリーズ。
発売開始から30年以上も経って、いまだ現役のベテランフォークリフトです。


ふと、隣に目を向けるとまたまた、珍しいリフト。

1994年から発売が開始された、X500(6F)シリーズ。
これまた懐かしいメンバーがいるなぁと、眺めていると・・・

最新のフォークリフト、Gene-B(8FB)がこちらにお尻を向けて止まりました。

歴代のトヨタフォークリフト勢ぞろい!



3世代(1台はバッテリー車ですが)並ぶと、デザインの変遷がよくわかります。

どうせならということで、他の場所にあったGENEO(7F)シリーズも並べてみました。



GENEOはコンパクト車(カウンターウエイトが短い)です。

X300(1980年代)は四角、X500(1990年代)は丸、GENEO(2000年代)は三角っぽい?
Gene-B(2016年)はイマドキのフォークリフトという感じ。

比べてみると、その年代の自動車のデザインに近い気がします。

フォークリフトは後輪が操舵に使われるので、お尻が印象に残りますね。

このデザインで時代を創ってきた歴代のフォークリフト達。
玄人なお尻で、まだまだ働いてくれそうです。